■2008年11月の一言■
11/27 女優の香椎由宇さんが出演していたドラマ“我はゴッホになる!” を見ていた時の我が家の会話です。「この女優さん今年結婚したやんなぁ」(妻)「ホンマ?」(私)「え〜っと、ほら、なんやったけ・・・裕輝の好きな、ジ・・ジョーが付く俳優さん」「ジョー?ジョー?・・・・城みちる?」「なんでやねん!」答えはオダギリジョーさんでした。我ながらその答えは無いやろーと心の中でつっこんでしまいました(原)
 
11/24 朝の散歩コースは川沿いの遊歩道で、そこでストレッチをしたり、腰を捻ったりしながら、毎日テクテクと歩いています。その1時間弱の散歩コースの後半は通勤時間帯と重なるため、駅に向かうビジネスパーソンたちと一緒に歩くことになります。スーツを着たサラリーマンの横をてくてく歩くジャージのおっさん。ピシッと決めたOLさんの脇をすり抜けるジャージのおっさん。その不釣合いさがまた絶妙です。なんせ、近くに住む友人が「声をかけるのをためらった」そうですから。(裕幸
 
11/20 実家の父は、趣味で野菜を作っています。趣味とは言え、最近は立派な野菜が出来上がるようになりました。そして作られた野菜は、我が家に支給されます。とってもありがたいのですが、ひとつ問題が・・・収穫する時は、同じ野菜が収穫されるので、支給されるのも同じ野菜が大量になるということです。今は、ほうれん草の嵐なのです。冷蔵庫の野菜室を満室状態にしたほうれん草を見つめて「どうやって消費する?」と悩むのでありました。(大門
 
11/17 小学2年生の甥っ子が遊びに来て、最近ハマっているという手品を披露してくれました。一生懸命やっているのですが、ほぼ全てタネが明かされています(笑) でも、たまにすごくうまい出し物があり、本気でびっくり。子供だからといって侮れませんな(木村
 
11/14 先日、久しぶりに、奥さんと2人でドライブをしました。一日中車の中に一緒にいると普段よりコミュニケーションも増えたり、車窓からの景色に2人で一緒に感動できたりと、ある意味では密室の窮屈さがある反面、だからこそ得られる親密感がドライブで得られる恩恵だな〜と改めて感じた一日でした。ドライブおすすめですよ(清水
 
11/12 今週は、烏龍茶を好んで飲んでいます。昔は 烏龍茶は苦手な味であまりの飲まなかったのですが好みは変わるものだなと思うのであります。烏龍茶といっても一様ではなく、花のような香りがする烏龍茶から、お口なおしにぴったりのほどよい渋みのある烏龍茶まで色々な味と香りがあり奥が深いなと思ったのであります(
 
11/10 うちの娘の運動会があるので、東京でのセミナーが終わると打ち上げにも参加せずにすぐに大阪へ帰りました。品川から新幹線に乗るのは何年かぶりの“快挙”で、非常にわくわくした旅気分に浸ってしまいました。旅人らしく駅弁とビールを買ったところまでは良かったのですが、あまりにエキサイトしたせいか、乗車時間までかなり間があって、ビールがぬるくなってしまったのは失敗でした。(裕幸
 
11/7 『おおっ!がに股で、肩を左右に揺らしながら歩いている男の人が、たくさんいるっ!!』『お姉さんの、持ち物が異様にキラキラ光っているぞっ!!』てなことで、東京出張からの帰り道、大阪に帰ってきたなと実感している大門です。東京の雰囲気も好きですが、大阪のこの感じも嫌いじゃないなぁ〜と思うのであります。(大門
 
11/5 頑張った自分へのご褒美と託つけて、お気に入りのラーメン屋さんへ行ってきました。にんにくやニラダレなどをたくさんトッピングして至福の一杯を味わいゴキゲンで帰ると、妻に一言「臭い」と言われました。一緒に食べてない人には、すごく臭うんですよね。スミマセンでした。。(木村
 
11/3 先日、実家のお墓参りをしました。特に信仰する宗教はないものの、今は亡き父やご先祖様の墓前でお祈りをするだけでも、心はスッキリするものです。偶然にもその日は私の誕生日でもあり、母と奥さんと3人で墓参りと誕生会を同時におこなったという、生まれてはじめての経験をし、私の心は2重にスッキリしました。(清水)
 
 


戻る