■2008年10月の一言■
10/30 通勤ラッシュ時にいかにもまわりの人の邪魔になりそうな大きな荷物を持って歩いていました。歩く度にまわりのに人に「すいません」と謝るいきおいぐらい邪魔になりそうな装備です。キップを買うべく券売機前でならんでいたところ、後ろからドスがきいた声で「おい!にいちゃん」と声をかけられました。恐る恐る振り返るとスキンヘッドで強面の方が。「はい?」と答えると、「100円・・・落としたで」と親切に渡してくれました。最初の恐る恐る振り返ったギャップもあいまって、その人が天使に見えたのでした(
 
10/29 何年かぶりに1泊2日の東京出張が実現しました。普段は4日、5日と滞在するのでごろごろとスーツケースを持ち歩くのですが、今回は小さなカバン一つ。空港の回転台で荷物を待つ必要なく、スムーズに外に出られました。荷物が少ないというのは身軽で素晴らしいです!また、来週はちょっと長めの出張なので、再びスーツケース生活に戻るのですが、たまにはこういうのもいいなあ、と。裕幸
 
10/27 妻の誕生日に、中華薬膳コースを食してきました。有機野菜やベジミートを使った料理はどれも美味。コース後半の料理のために少しずつ食べる量を調整する妻の残りもたいらげ、しっかりおなかいっぱいになりました。料理は健康的でしたが、その食べ方が果たして健康的なのかどうかは・・・(木村
 
10/26 日々の生活に飽きてきたときに、よく新しい展開を意識的に求めることがあります。「私は次のステップに進みます!!」とあえてアファーメーションをするんですね。すると不思議と新しい展開がやってくるものなんです。こういうことを繰り返しながら日々を楽しんでおります。皆さんもよかったら実践してみてくださいね(清水
 
10/23 最近2歳になる息子は渡る世間は鬼ばかりに出演する、角野卓造さんを見ると大喜びをしています。角野卓造さんが何をするわけでなくとも、見ると手を叩いて笑っています。息子をはまらせているツボってどこなんでしょう?ちなみにハリセンボンの近藤春菜さんを見ても反応はしません(
 
10/20 東京出張で、五反田に宿泊する機会を得たので、翌日、前のカウンセリングルームがあった御殿山、その前のカウンセリングルームがあった泉岳寺を辿ってみました。前は当たり前だったものが、徐々に懐かしさに変わっていく不思議な感じになりました。それに、前にあった建物がなくなっていたり、カフェが違う店になっていたり、新しい居酒屋ができたり、変化も目の当たりにできたのも新鮮でしたね。(裕幸
 
10/16 妻が妊娠9ヶ月に入り、おなかが「これでもか!」というくらい突き出しています。そのおなかをさすって、中でムニムニと(そしてたまにボコッ!と)赤ちゃんが動いているのを感じるのがとても楽しく、なんともいえずうれしいのであります(木村
 
10/13 書斎では原稿の執筆などデスクワークをよくするのですが、ストレスを感じると散策がてら近くのカフェを訪れます。カフェのいい雰囲気の中で原稿を書くと、その内容まで、心地よい気分になってくるので不思議なものです。お客様にも、よい気分をお伝えするためにも、これからも心地よいカフェを開拓しようと思います。(清水
 
10/10 相変わらず飛び回り、騒ぎまわり、踊りまくってる4歳児(娘)は、このとろこ、「まむぅには内緒よ」とお手紙をくれるんです。中身は絵だったり、名前だったり、かわいいものばかりなのですが、「なんか、やっぱり、女子なんだな・・・」としみじみ思いました。それに「まむぅには内緒」と囁かれると「一生付いていきます!」という気持ちにさせられます(それはめっちゃ邪魔です!)(裕幸
 
10/9 よく友だちに清水くんはО型?と言われるんですが、実はA型なんですね。A型だよと答えると、どうも納得できない感じのリアクションをされます。そしてたいてい次に、星座は?ときかれるんですね。9月生まれの、てんびん座だよと答えると、そこでようやく納得の表情。私はいったい人にどう思われているのでしょうか・・・。(清水
 
10/6 箕面の高台にあるおばんざいランチの名店は、手の込んだ十数種類の料理を小皿に取り分けて出してくれます。見た目の鮮やかさはもちろん、味も塩味を抑えた優しい味付けで、身体も心も喜ぶ食事がいただけました。場所もとても落ち着いた住宅街に面していて、こんなところに住みたいなあ、とも思わされました。(裕幸
 
10/2 カウンセリングルームまで自転車通勤をはじめてから1年になります。往復で約60分自転車に乗るというのはけっこうな運動になるもので、毎日のようにやっていると、とても気分がいいものです。先日、体脂肪率を測ったところ、37歳にして14.5%をキープできておりました。日々の努力の大切さを改めて実感しました(清水
 


戻る