■2008年8月の一言■
8/28 お家でオオナマケモノのの化石の発掘をする番組を見ていました。「オオナマケモノって、どんだけナマケるねん」とボケてみたところ、「大きさの話やん」と妻のつっこみが。つっこんでもらえる安心感がないと、ボケるのは勇気がいるもので、これも一応信頼なのかなぁ?と思ったのであります。つっこんでもらえるってありがたい。(
 
8/25 家族でシティホテルに休暇に出かけました。仕事が立て込んでることもあってパソコンを持参したのですが、やはり優雅な空気の中でする仕事は非常にはかどるもので、自分がいっぱしの仕事人になったような気分にさせられるものです。環境を変えてみることも仕事の効率化と充実化に繋がることがよく理解できました!インスピレーションも冴えますし、ぜひまた行きたいと思います!(裕幸
 
8/21 出張に向かう飛行機では常に窓側を確保します。仕事していることも多いのですが、窓からの眺めを楽しむのも好きだからなんですね。夏は天気がよければ目の覚めるような美しい青い海を臨むことができます。「おぉ、沖縄だ・・・」と相模湾や千葉県沖の海を眺めながら思うのですが(^^;、その美しい青に心はすっかり洗われてしまうんです。ちょっとした幸せを感じる瞬間ですね。(裕幸
 
8/18 使っている書庫がいっぱいになったので、実家にある書庫をもってきて部屋にいれました。私が小学校の頃から使っていた書庫です。『懐かしな』と思いながら書庫の中に本をいれていきました。書庫さん、またしばらくお世話になります(
 
8/16 北海道に旅行中、私的にこれでもか!というくらい車を運転しまして(4日間で700kmくらい)、なんだかお腹一杯になってしまい、しばらく運転はいいかな、と思う今日この頃です。ドライブ自体は大好きなので一時的な症状だと思われますけれど。しかし、運転席から見る北海道の景色もたまらなく素敵でした!(裕幸
 
8/14 出張するときに伊丹空港で金色の飛行機をみかけました。飛行機大好きの知り合いに聞いたところ、通称金シャチという飛行機らしいです。なんでも数が少ないらしく珍しい機体だそうです。あれに乗ってみたいなぁと思いながらここ数ヶ月飛行場に行っているのですが、まだ金シャチにはあたっておりません。いつかあれに乗れますようにと祈る今日この頃です(
 
8/11 東京のカウンセリングルームの近くには美味しいパン屋さんが点在していまして、朝の散歩道にちょうどいいパン屋さん(というかブーランジェリー)を見つけました。しかも、そこはお持ち帰りできるヴィシソワーズ(じゃがいもの冷静スープ)があるんです(私は大のスープ好き)。よって毎朝のように寄っているのですが、私の顔が汗みどろで、おしゃれな店内にはちょっと似つかわしくないのが難点です。(裕幸
 
8/7 『近くにケーキ屋さんができたらいいのになー』と願っていると、願いが天に通じたのか、ちょっとよさげなケーキ屋さんがOPENしました。さっそく行ってきました。お土産に買ったケーキの箱を持って、自宅の冷蔵庫を開けると、同じお店の箱が入っていました。しかも箱の中身もほぼ一緒でした。(
 
8/4 東京に出張している間は、朝の散歩に代々木公園まで歩いています。緑が鮮やかでいきいきとしていて、風も気持ちよく、忙しい日々にちょっとした安らぎを与えてくれています。しかし、この暑さですから、汗はTシャツをかなり湿らせており、そんな調子のいいことを言ってる状態ではありません。とりあえず、熱中症対策に水は持ち歩くようにしています!(裕幸


戻る