■2008年4月の一言■
 
4/28 1週間休みを頂いて訪れた八重山は半分ふるさとみたいな感じで、うぉりゃー!と伸びまくっている植物たちや、台風に負けないコンクリート作りの家々などを見ると、「帰ってきたなあ〜」と家族そろって思いを新たにするものです。とはいえ、まだまだ数回目なんですけどね。(裕幸
 
4/26 息子は私のことを「パー」と呼びます。ですんで、出張から帰ってくるときは妻が息子に「パーが帰ってくるからね」と言っているそうです。なんか、頭が悪い人が帰ってくるような会話に聞こえるのは私だけでしょうか(
 
4/24 3年ぶりに新しくパソコンを買い換えまして、新しい環境にて新鮮な気持ちで仕事に向かっています。メーカも変えたのですが、画面も大きくなり、CPUも早くなり、メモリも大きくなり、しかも、軽い・・・。出張族にはたまらないスペックです。うれしくて、それだけで仕事を頑張ってしまいます。(裕幸
 
4/21 名古屋出張時に、名古屋グランコートホテルのレストランで朝食をいただくことがあります。ホテルの雰囲気や、しっかりしたお給仕が雅な気分を誘い、朝からちょっといい気分で過ごせるのが好きです。ゆっくりコーヒーを飲みながら、1時間ほどボ〜と過ごしています(
 
4/17 福岡出張中は毎回「うまいものマイブーム」がやってきて、ある時はモツ鍋三昧、またある時は呼子のイカ三昧、またある時はカフェごはんと美味なるものに傾倒するのですが、今回の出張では王道のラーメン三昧。しかも、「深夜のシメの一杯」というオプションも付いてしまい、帰阪してから体重計に乗るのが非常に怖い今日この頃です。(裕幸
 
4/14 東京・五反田でのセミナーに向かうため、いつもはバスか井の頭線を使って渋谷に向かうのですが、今回は散歩がてら思い切って歩いて行ってみることにしました。道は勘でだいたいの方角だけ定めて歩いていくと、人の流れもあって意外に早く着いてしまいました。東急の本店までなら徒歩20分、信号待ちがなければ25分くらいでハチ公前に着くんです。うーん、十分徒歩圏内ですなあ・・・。(裕幸
 
4/10 2鉢栽培していたマングローブの1鉢が冬を越せずに(熱帯〜亜熱帯の植物なのです)、残り一鉢に。しかし、一鉢は冬を越してようやく温かい春を迎えることができました。書斎から温かい日が差すベランダに場所を移し替え「うん、うん、無事冬を越えてくれたなー」と感慨深く見ていました。するとズボッとマングローブが鉢から分離。息子が引っこ抜いたのでした。敵は冬の寒さだけではなかったようです(笑)(
 
4/7 羽田に向かう機中で、春の霞がかった空にぽつんと浮かぶ富士山を見ました。水墨画のようなぼんやりした空気の中に、そこだけがくっきりと描かれていて素敵なコントラスト。富士山は見るたびに絵画のような気持ちよさを与えてくれるのですが、また名画を一つ見つけたな、という気分になりました。しかし、ほんと美しいですね・・・。(裕幸
 
4/5 こだわりのステレオ屋さんで、ヘッドホンを視聴させてもらいました。こだわりのヘッドホーン。こだわりのヘッドホーン用アンプ、すべてがこだわりでした。視聴させてもらうと・・「おおお!」音が空間に広がっていく〜。こだわりの品で音楽を聴くと、こんなに良い音で聞けるんだ!と感動したのでした。(


戻る