■2008年3月の一言■
3/29 このところお気に入りの焼き鳥屋さんがあり、ちょっと歩くのですが、ことあるごとに訪ねています。常連にはまだまだ程遠いのですが、静かに飲めて、話もでき、かつ、味もとても美味ということで一緒に行った仲間にも好評なのが嬉しいところです。ただ、どんどん舌が肥えてしまうのがちょっと心配ではあります・・・。(裕幸
 
3/27 早起きした息子は絵本の角でパパのおでこを叩いて、パパを起こして遊ぼうと誘う。だから本を買ってあげる時は身を守るため『柔らかい本にしようかな』と考える、でも柔らかい本は一瞬でビリビリになってしまうので厚紙の本がやっぱりいいかなとも思う。しかし私のおでこが耐えられるかどうか・・・。究極の選択だ(
 
3/26 先日初めて車を車検に出しまして、代車というものに乗りました。それが走り屋さんタイプのセダンで加速やら安定性が抜群で「いっそのこと、これナンボ?って聞こうか???」などと思ってしまいました。しかし、車検を終えて帰ってきた我がヴィッツちゃんを見ると、やはりかわいいなあ〜と思ってしまう根本家なのでした・・・(裕幸
 
3/24 床暖房の上で、ごろんと仰向けで寝る時に幸せを感じる。背中いっぱいに暖かさを感じて気持ちがよい。僕と遊びたい息子は、僕が“ごろん”とすることを許さず、すぐに手を引っ張り起こそうとする。そのまま寝てしまって遊べなくなるのを危惧するのであろうか?そんなわけで僕は息子の隙をついて、“ごろん”と仰向けになって寝る。良くても3分ほどの時間で見つかってしまうのだが、その3分が幸せなのである(
 
3/20 気が付けば冬が終わって春になり、朝の雰囲気も真冬とはだいぶ変わりました。ほぼ毎日続けていることがあると、ちょっとした変化も楽しめるものです。最近の散歩道は霞がかっているのですが、それが霞(かすみ)なのか靄(もや)なのか、それとも黄砂?花粉?などとビミョウな空気の中をてくてく歩いています。(裕幸
 
3/17 名古屋のワークショップでROYCEのポテトチップチョコレートを差し入れでいただきました。チョコレートと、ポテトチップの組み合わせってすばらしいですね。美味しくいただきました。それ以降、ROYCEに縁ができたようで、ROYCEのチョコレートを食べる機会が何度かありました。妻がたまたま物産展で買ってきたり、頂戴物でいただいたりです。すべてとっても美味しかったです。このご縁ずっと続けばいいのにと思うのでした(
 
3/14 このところ休日のランチは夫婦で食事に出かけることが多いのですが、探せば探すほどいい店がゴロゴロ出てきて「いいところに住んでるなあ」との思いを深めています。とはいえ、移動は車。美味しい料理にはワインなどを合わせたくなる夫婦は、帰りの助手席権を巡って熾烈な駆け引きが行われます。現在、その戦績は私の13連敗中で、もはや、プロ野球チームvs草野球チームレベルの争いのようです。(裕幸
 
3/12 3年ぶりに携帯を変えました。その間にすっかり時代は第三世代に高速通信で、ウェブアクセスの速度やら機能の豊富さに面食らう日々を送っています。それにワンセグが付いてるのにとても薄くて軽いんですよね。もちろんデザインも秀逸ですし、記憶媒体のマイクロSDに至っては吹けば飛ぶサイズで1GBも入るなんて、ほんとうにテクノロジーの凄さに感銘を受けるばかりです。(裕幸
 
3/10 大阪にあるお気に入りのカフェに久しぶりに行くと新作のケーキがでていました。パイ生地の上にモンブランが乗っているケーキでした。パイ生地と、モンブランは、とってもマッチングしていて、とっても美味でした。また、通ってしまいそう(
 
3/6 羽田に向かう飛行機からは、時々、はるか数十キロ先をすれ違う別機が見えたりします。すごいスピードで飛んでいるのですが、機体は非常に小さく見え、周りの白い雲と比べると、まるでご飯の上の一粒のゴマ程度にしか見えないものです。実際はそのゴマ粒の中には数百人の乗客が乗っているわけで、人間のテクノロジーの凄さに感心させられると同時に、その存在のちっぽけさを痛感して謙虚な気持ちにさせてもらえます。(裕幸
 
3/3 マングローブの種を植えて室内で育てています。オオバヒルギっていう名前のマングローブなんですが、種の長さが60〜80cmほどもあるんですね。高さ20cmほどの鉢に植えても、種がどーんとつきだしています。つきだしているさまは種なのにすでに立派な木のような見えます。(


戻る