■2007年5月の一言■

5/31 久しぶりに丸々2日間、休日を取って見ました。実は連休を取る習慣があまりないので、2日も家にいてると、慣れなくて何度も曜日を確認してしまうものです。でも、お陰で色々お出かけも出来たし、リフレッシュできたり、やはり、ゆっくり休むことは大切なことだとしみじみ感じました。(裕幸

 

5/29 娘が幼稚園に行き慣れてきたので、親にも余裕が出てきまして、ぼくが休みの日などは夫婦二人で出かけることも増えました。5月の爽やかな風に吹かれてカフェでランチを頂いていると、子どもが生まれる前に戻ったような気持ちになって、とても新鮮です。ただ、ちょっとした罪悪感を感じてしまうところが・・・まだまだ修行が足りません!(裕幸

 

5/28 伊丹空港から、福岡に行く飛行機の中から滑走路を眺めていると、滑走路で航空会社スタッフが手を振ってくれてました。遠くて顔はよく見えなかったのですが、心なしか笑顔で手を振ってくれて気がしました。手を振って見送もらい嬉しい気分になりました。(

 

5/24 テレビをつけていると“パンのマーチ”という歌が流れていました。『あれ、この歌、小さい頃に聞いたことがある気がある?』と思いました。僕が幼いころ放送してた歌を再放送していたようです。幼い頃聞いてことを思い出して、懐かしく、そして嬉しい気分になりました。皆さんにとっての思いでの曲ってありますか?(

 

5/22 鯉のぼりを片付けながら、「5月ももう終わりだな。早いな〜」と思いました。出すときはきれいに箱に入っていたのに、収納する時は全然はいらず。どうやって入ってたんだろう???5月も終わりになり、少し暑めの日もでてきましたね。涼しかったり、気温の寒暖で着る服などの温度管理に困ることもあるかと思いますがお体におきをつけくださいネ(

 

5/21 東京のワークショップを開催する五反田・ゆうぽうとまで東京カウンセリングルーム(御殿山)から歩いて行きました。大崎のあたりは再開発が非常に進んでいて、どんどん高層マンションが立ち並んでいます。ここの生活はセレブなんだろうなあ・・と思いながら、家族の温かさを思い出し、軽くホームシックにかかってしまうのでした・・・。(裕幸

 

5/19 カウンセリングの合間にちょこっと外に出て、気持ちいい風に吹かれてリフレッシュして、で、また、カウンセリングルームに戻って・・・という出張生活を送っています。東京のカウンセリングルーム周辺は散歩するにはいいところなので、リフレッシュ度もさらにアップ。ただ、多少坂道が多くて・・・足腰が鍛えられます・。膝を悪くしないように気をつけなければ・・・(笑)(裕幸

 

5/17 出張中は地元のテレビ番組を見るのが楽しみの一つ。大阪では見られないものがたくさんありますからね。そういうローカル番組は深夜に多いので、寝る前などにチャンネルをあちこち変えて楽しんでいます。でも、そういう時にたまに大阪で見た番組が時期をずらして放映されていることがあって、なんだか懐かしいような、異国で日本車を見つけたような、そんなじーんとした気持ちにさせられるものです。(裕幸

 

5/16 名古屋に出張するようになってもう4年。このホテルも万博期間を除けば、年に5,6回はお世話になっていて、スタッフの方ともだいぶ顔なじみになります。フロントに立てば「いつもありがとうございます」、ベルキャプテンの方には満面の笑みで「お帰りなさいませ」、と特別意識をとことんくすぐられております。こうしてまた次回も予約をしてしまうんです。 (裕幸

 

5/14 名古屋の定宿は周りに遮るもののない高層ビルなので、窓から眺める景色は昼も夜もとてもきれいで、それがこのホテルを選ぶ理由の一つにもなっているくらいです。で、今回は北側(栄側)のお部屋だったので、パソコンの地図を見ながら、あの辺が名古屋ドームでで、名古屋大学があって、八事の高級住宅街はあの辺かあ・・・などと新しい楽しみを発見してしまいました。 (裕幸

 

5/12 名古屋にやってまいりました。とても天気が良く、風は強いが、かえって気持ちよかったので、矢場町から金山まで散歩がてら歩いてみました。ざっと40分くらいはかかったでしょうか?途中、大須の電気街(東京でいえば秋葉原)とかちょっと汗ばむ程度でしたけれど、なんかいい運動をしたなあ・・・という気分になりました。あとは・・・筋肉痛にならないかどうか・・・が心配です。(裕幸

 

5/10 江坂の一駅新大阪側に「東三国」という駅があります。ここは小児科のいい病院があるので、娘に何かあれば一緒に行くのですが、先日、たまたまこの街で感じのいい蕎麦屋さんを見つけました。あちこちの名店で修行されたマスターは、元祖でぶ屋の「内山君」を髣髴させる笑顔と愛想良さで、かつ、しっくり落ち着ける店内では、何もつけずにそのまま食べられる蕎麦を賞味できます。アテもとても美味しいので、通いたいなあ・・・と思うんですが、ここは病院以外の用事では訪れることも稀な街。・・・思わず不謹慎な想像をしてしまいました(笑)(裕幸

 

5/7 GW中は大阪カウンセリングルームのある江坂周辺も静かで、いかにも休日!という毎日が続いていました。でも、休み時間などにコンビニに行こうと外を歩いていると時々、スーツ姿のサラリーマンとすれ違うことも。こういう連休にも仕事なんだなあ・・・と思うとちょっと不憫になってしまいますね。もちろん僕もずっと仕事(カウンセリング)だったわけですが、サービス業ですから、百貨店の店員さんなどと同じ感覚で当たり前になってるんです。(裕幸

 

5/4 東京へ出張してきた日は友人から教えてもらった近くのお蕎麦屋さんで昼食を頂き、午後からのカウンセリングに備えています。お昼時には満席になる評判のお店で、さすがに大変美味しく、最早、東京出張の際の儀式となっているくらいです。普段大阪では蕎麦はほとんど食べない(専らうどんですね)ので、その味に触れるだけで「東京へ来たねぇ」という気分にさせられるのです。(裕幸


戻る