■2006年12月の一言■

12/30 本年もカウンセリングサービスをご利用いただきましてありがとうございました。カウンセリングを使ってくださった方、ワークショップでお会いした皆さん、ホームページやメルマガを楽しんでくださった皆様、本当にありがとうございました。皆様のお陰をもちまして今年、無事5周年を迎えることができました。来る2007年が皆様にとってさらに素晴らしい年になりますように私どもも助力させていただければ、と思っております。新年も宜しくお願いいたします!(スタッフ一同)

12/28 このところBGMはずっとボサノヴァです。曲名とかまだよく分からないのですが、CDをレンタルしてきて聴きまくっております。アンニュイでほんわかしていて気持ちよくて南の島っぽくてふーっと息を抜くのにちょうど良くて・・・と出会うべくして出会った・・・そんな感じがしています。しばらくヘビーローテーションですな(裕幸

12/26 最近うちの子が一人でブランコに乗れるようになりまして、新たな成長の証に目を見開いています。本人も大変嬉しそうに毎日ブランコに乗りたがるんです。雨の日でも。でも、その一方で、せがまれて隣のブランコに乗っていたら、とても気分が悪くなりまして、年齢を感じてしまったのでした・・・。(裕幸

12/25 毎年クリスマスの時期はケーキ屋さんはもちろん、喫茶店やコンビニの店頭でもクリスマスケーキが売られています。大阪のカウンセリングルーム近辺でも、あちこちでサンタさんを見ることが出来ます。この寒い冬空の下で赤いサンタさんの格好をしてる売り子さんたちは大変ですよね。足元には店内から引っ張ったファンヒーターが設置されているのがせめてもの救いです。クリスマスに風邪をプレゼントされたんじゃたまんないですよね。ご苦労様です。(裕幸

12/23 面白い本に出会うと時の経つのを忘れて読みふけってしまいます(ほとんどが小説ですが)。カウンセリングの休憩時間も例外ではなく、部屋を片付けた後はにんまりしながら本を読み続けます。故に読了後は爽快感と共に一抹の寂しさが漂い、再び本屋さんに足を向けてしまうのです。因みに最近は寝不足です(^^)(裕幸

12/21 このところサウナに凝っておりまして、アク抜きかつリフレッシュしに出かけています。水風呂との交互入浴などをしてますと「肩凝ってるなあ」「腰張ってるなあ」と思ってたものが一発で取れたりしまして、その効果を目の当たりにしています。ただ、気持ちが良すぎて、いつも以上にボーっとしてしまうのが難点です。(裕幸

12/18 福岡でまた美味しいラーメン屋さんを見つけました(といっても自分で見つけたのではなく皆に教えてもらったんですけどね)。いろいろ奥が深いなあ・・・と探検をしているうちに、いつしか地元大阪よりも福岡の食事情に詳しくなってしまったようです。危ないなあ、何か、レールを敷かれてる?いや、自分でレールを敷いてる?(裕幸

12/16 家の近くに、いい感じの居酒屋さんを見つけました。居酒屋というより小料理屋という風情で、元気でちゃきちゃきなおかみさん(おばちゃん)がよく通る声で切り盛りされていて、「うーん、大阪らしいお店やなあ」と思えて居心地がとても良いのです。子連れで伺うと「お子さん連れなら奥の座敷でゆっくりして下さいな」と配慮してくれ、その後も、手が空けば様子を見に来てくれる優しさがとても嬉しいのです。そういうお店ですから、いつも席はいっぱいなのです。(裕幸

12/15 最近のお気に入りは、NTT西日本のCM「フレッツ光プレミアム 井戸端会議編」で流れている「もったいなーいフレッツ光を知らないなんてー♪」というフレーズです。なんてことないフレーズですが、ついくちずさんでしまうのです。勿体ないことがあった時は、それにかこつけて更にくちずさみます。なぜかお気に入りのフレーズなのであります。「もったいなーいカウンセリングサービスを知らないなんてー♪(字余り)」(

12/13 電話の子機が壊れて1年程がたちました。親機もだいぶん使い込んでいます。物をなかなか捨てられない性格の僕は、「この電話がいいんだよ」と言いながら手放さず使ってきました。しかし、とうとうお別れの日はやってきました(涙)。僕は長年お世話になった親機に“お世話になりました”と告げ、妻はお世話になったようで全くお世話になったことがない子機に“今までありがとう”を告げ、こうして手放しの儀は終えたのでした。(

12/11 イルミネーションが飾られているのお家が、近所にちらほらと出てきました。クリスマスツリーの形に飾られた電球はキラキラ光って綺麗でした。乳児の世話に追われている今年の我が家はクリスマスを迎える意識は、あまり頭になかったようで、他人様の家を見て「ああ、もうそんな季節なのかぁ」と季節を知るのでした。(

12/7 東京出張の朝は散歩タイム。気ままに宿泊先から歩き出して、足の向くままにてくてく歩きます。東京は坂も曲がり角も多く、散歩もかなり楽しい街なのです。「あ、こんなところに出るんだ〜」という驚きがたくさんあって嬉しいのです。そして、帰ってから地図にて道順をチェック!おぉー、こんなところを歩いて来たのかあ〜と再び感激。・・・。ま、おじんクサイ趣味かもしれませんが・・・出張生活の大きな楽しみの一つです!!(裕幸

12/5 すっかり寒くなって今年初の真冬仕様のジャンパーで出かけました。ついこの間まで半袖が当たり前だったのに、季節の移り変わりは本当に早いです。インフルエンザの予防接種も家族全員で受けましたし、着々と冬の準備も進んでます。あ、後は年賀状・・・・・・・(裕幸

12/3 旅行から帰っても、一家全員がマブイ(沖縄言葉で魂のこと)を石垣に落としてきた様で、ビデオを見てはあの景色を思い出し、写真を見てはあの海を思い出し、奥さんと話し込んでは出会った人たちの温かさを思い出し、しばらく南の島の穏やかな空気を感じながら過ごせそうです。(裕幸


戻る