■2006年7月の一言■

7/31 暑い日が続いている中、うちの母が鰻を贈ってくれました。毎年この時期は地元の名産にありつける幸せを満喫していまして、日々、元気になっていくのが感じられるのが嬉しいです。暑さにもジメジメ感にも負けずにいられるのはとてもありがたい。でも、元気が余ってしまうのか、いつも以上にせわしなく動き回ってしまい、ぜんぜん落ち着けません・・・(笑)(裕幸

7/29 久々の晴れ間にうれしくなってベランダに出ていたら、セミが飛んできて僕に止まりました。「その後どうするのかな〜?」とそのままにしていたら、ジージー鳴き始めました。…夏ですねぇ〜。ちなみに、間近で聞くセミの鳴き声は、結構大きくてうるさかったです。。。(木村

7/28 東京へ出張してくると、いつもとても気合が入って頑張ろう!って気持ちにさせられます。これが東京という土地の魅力なのかなあ?と思うんですよね。福岡へ行くと「遊ぼう!食べよう!」って気持ちにさせられるし(笑)、名古屋ではきちんと自分の背丈を見つめようと謙虚になれるし!その土地土地の場の雰囲気に影響されるものなのかもしれません。大阪は・・・地元過ぎてよく分かりません!(笑)(裕幸

7/24 梅雨の季節は自転車通勤者の僕にとっては厳しい季節なのであります。途中で自転車でカウンセリングルームに向かうことをあきらめ、自転車を置いてタクシーに乗り換えることもたまにあり。しかし、晴れ男なのか行きと帰りの通勤時間だけ一時的に雨があがってることも結構あったりするのです。(

7/20 暑い夜、寝るときに、エアコンをつけっ放しにするのは電気代からも健康の面からもあまり好ましくなく、かといって、熱風をかき回すことになる扇風機では心許ないし、やっぱり意外と体が冷える・・・。とタイマー機能を駆使してやり過ごすことになるのですが、でも、タイマーが切れて暑くなると、再びタイマー機能を使うためにエアコンのスイッチを入れる・・・と悪循環が続くんですよね・・・。うーん・・・。(裕幸

7/16 とても暑い日が続いていて、寝苦しく、夏本番!って感じの毎日(梅雨明けはまだらしいのですが)。こういう夏の日差しを感じると、とてもワクワクしてしまうんですよねー。不思議なもので、どんどん外に出たくなります。ので、熱中症には注意!特にうちは小さい子がいるので!と言う気持ちです。でも、夏は暑くて疲れるけど、嬉しいです(裕幸

7/13 沖縄料理からほどなくしてハワイアンカフェ、さらにはビアバーへ夏らしい行動力を見せる根本家。心は常に南の島にあります。うちの子はベビーカーが無くても、子供イスがなくても食事が摂れるまで成長してるのです。今までは見るだけで拒否していた葉っぱ系もばくばく食べるようになり「お姉ちゃんだね〜」とはやしたてながら店の雰囲気にはそぐわない行動を取る一家。でも、早めの時間でかつ、人が少ない週の始めに出かけてるので、お店の迷惑にはなっていないはず・・・。しかし、まだ日が明るい時間に飲むビールは大変おいしゅうございます・・・。(裕幸

7/11 名古屋でのカウンセリングの後、“打ち上げ”と称して、オシャレな店がめっきり増えている金山の街を探索。他ではなかなか見かけない味噌味のホルモン焼きや、(飲めなかったので)以前なら見向きもしなかった焼酎バーなど、スタイリッシュかつおっさんな店を発掘して悦に入っております。じっくりお酒を飲みながら、しみじみと疲れを癒すのも、これまた旅の魅力です。(裕幸

7/9 名古屋出張の初日、たまっていたホテルのポイントカードの特典でお食事券を頂き、昼食&夕食ともタダメシを食わせていただきました(^^)無料だからか、とても美味しく感じられまして(笑)、普段だとなかなか手を出せないちょっと高めの料理なども頂いてしまいました。ちょっとした自分へのプレゼントになって素敵なホテルライフを楽しませてもらいました〜(^^)(裕幸

7/6 店の入れ替わりの激しい江坂にて、知らないうちに出来ていた沖縄料理の店を見つけました。店構えを見ただけで心は沖縄に飛んでいてリピータになる決意を固めたものです。料理も店のお兄さんもイキイキした元気な沖縄的空気を振りまいていて、たくさん元気を頂きました(「しらゆり」という泡盛は海の味がする不思議なお酒でした)(裕幸

7/4 緑が青々とする季節。夕方少し日がかげってから青々とした木々の葉を外を歩くのが気持ちよく感じる。時間がたち日がだいぶん落ちてくると蛙の声が鳴り出す。なにかほのぼのとした感じ。この季節の夕方は、のどかな気分になれていいなぁと思うのであります(

7/1 ワールドカップ中は寝不足がちで疲れ気味になるかと思いきや体調がとっても良い。疲れというものがいつもより断然少ない。好きなものにふれている時っていきいきして元気になれるものなんだなぁと思ったのでありました (


戻る