■2002年10月の一言■

10/31 最近、うちのわんこは家中を走り回っています。かちかちと爪の音を響かせて理加や僕の後をついてまわります。椅子に座ってコーヒーを飲んでいると「ちょうだい!」とばかりに飛びついてきます。こうしてパソコンに向かっていると「あそんで!」とマウスやキーボードに前足をかけてきます。でも、抱き上げようとすると逃げます。カウンセリング中などはお利口さんして、クッションの上で丸くなって寝ています。そんな風に自由に遊びまわれるからか、最近はきちんとトイレも覚えてくれました。お客さんが来ると大喜びで飛びついていきます。でも、そんなかわいい盛りのわんこにも怖いものが二つあります。他の犬とガラスに映る自分の姿。やっぱり自分は人間だと思っているんだろうな・・・(裕幸)

10/29 急に寒くなってジャンパーを取り出して街を歩いていると空はすっかり冬のものに変わっていました。秋物を取り出したばかりというのに、もう冬物が必要になってしまいました。ついこの間まで短パンとTシャツでうろちょろしていたのが嘘みたい。このシーズン、僕は案外好きなんですけど、こう急に来られると心の準備が出来ていなくて楽しむ前にちょいと風邪を引いてしまったようです。皆さん、お体には気をつけて下さいね。(裕幸)

10/28 ミーティングを終えてまた朝の5時まで飲みに行ってしまいました。噂話、世間話、お互いの近況を肴に、かけがえのない時を過ごすことができるので、なかなか辞められない楽しみです。しかも、相手がカウンセラーで、長い付き合いともなれば、隠し事をしてもばれてしまうので、開けっぴろげになってついつい時の経つのを忘れて話し込んでしまうもの。そして、店員さんに「そろそろ閉店なのですが・・・」と言われて、真っ赤な目をしながら、でも、すっきりした気分で家路についたのでした。・・・その翌日、再び顔を合わせた寝不足のままの僕たちは口をそろえて「若くはないんだ、としみじみ思ったよ」と。でも、やめられないなあ・・・。(裕幸)

10/26 友人と、玩具の話をしていました。 そうすると、すごくもりあがったんですね。 あのゲームほしい、最近のプラモデルはすごい というように子供以上に玩具の話でもりあがりました。 最近、プラモデルやゲームを買う人って大人が多いらしいんです。 その友達と話した結論として、 子供の頃、あの玩具がほしいと思い 満たされないまま大人になって お金を持つと、いっぱい買ってしまうので たちが悪いなという結論に達しました(笑)(原)

10/24 今日外出先から戻るとリビングの壁に箱型の鏡が取り付けられていました。理加が近所のオシャレな花屋さんにて一目ぼれした品のようですが、ちょうど目の高さにあるので、いきなり自分の顔が映ってしまい、そりゃあ、怖かったです。ただ、それが窓枠のようで、壁の向こう側が透けてるように見えて思わず手を突っ込みそうになります。(裕幸)

10/22 つわりのせいか最近怒り狂っているんですが、ふと、これがひとりだったら、こんなにも怒れないんだろうな・・・ということに気付き、ふとダンナにやさしくしてあげたくなる。でも、ムカつく。愛は一日にしてならず、です。(源河)

10/19 休みの日に、友人達と動物園にパンダを見に行ってきました。 何のこだわりもなく、大また開いて木にもたれ、空を見ながらリンゴを食べているし ぐさが、もうかわいくてかわいくて。。。私はパンダのようなおばあちゃんになりた いなぁ〜って、ふっとそんな風に思いました。 いくつになっても ”かわいいひと” でありたいですね。(山本)

10/17 先日、遂に我が家のショコラ(わんこ)が公園デビューをはたしました。気が付けばショコラはもう生まれて5ヶ月が経ちました!なんだかんだ言っても早いもんです☆いつも我が家にやって来てくれたお客さんには、飛びついて訳が分からなくなるくらい大喜びするショコラ。でも自分を犬と思っていないのか、よそのわんちゃんがせっかく来てくれても「ヒューっ」と私達の足の間に隠れてしまいます・・。いつになったら自分を犬だと認識するのでしょうか・・・?(理加)

10/15 1日に何本もカウンセリングをしていると来てくださったお客様は違うのに扱うテーマが共通することがよくあります。因みに今日は『目標設定』でした。恋に、夢に、仕事に、人生に皆さんジャンルこそ違いますが、今改めて目標を設定して、そこに向かって歩み始める時期にあたっているようでした。もちろん、それはお客様だけでなく、僕自身にも当てはまることですので、一緒に頑張ろうと僕も心を新たにさせていただきました。仕事では最近特に増えてきた鬱症状の打開への知識を深める事、パートナーシップでは仕事も大事だけれど二人で過ごす時間を増やす事、あとはわんこと江坂の街をもっと散歩したいな、と。(裕幸)

10/13 先日、某学校にカウンセリングに行った時 その学校の生徒から恋愛相談を受けました。 その評判がよかったのか、 「先生私の場合はどうしたらいいの」 多数生徒がきてくれたので、 その場で恋愛心理学講座を開くことになりました。 学生たちは 「そうそう私と彼はそんな感じなんでわかるの?  で、どうしたらよくなっていくの。 と目をキラキラ輝かせて話を聞いてくれました。 そのキラキラ輝く目を見ているととっても嬉しい 気持ちになりました。 恋する気持ちって年齢に関係なく素敵ですよね。(原)

10/11 時間に余裕がある午後は、ちょっと贅沢をして昼寝をするようにしました。妻に「ようちえんじみたいでちゅね〜」と揶揄されようが(あんたもよく寝てるやろ!)、寝覚めのすっきり感はたまらなく気持ちのいいものです。最近は日の暮れるのが早く、目を覚ましたらもう薄暗くなっていて「やばっ!寝過ごした。遅刻した!」と思うこともあってスリルまで感じられます(^^; でも、夜間のカウンセリングの集中力も倍増しますし、体の調子もよく、改めてイタリア人を尊敬してしまいました。(裕幸)

10/10 理加が講演会を前に色々とネタを準備しているので、空いた時間に手伝っていると二人が付き合いだしてからの思い出が色々とリアルに蘇ってきてなんだか懐かしい気分になりました。とはいえ、あんまりきれいな思い出というよりも「あなたはこんなことした」とか「あんなことされてむかついた」とか、むしろ、恥ずかしかったり、イライライしてたりすることばかりなのはテーマゆえかな・・・。でも、当時は嫌な思いをしていたとしても、今は二人で笑ったり、ちゃかせるのは成長の証かな。(裕幸)

10/8 友人の結婚式に行って来ました。会場をレストラン行っ た結婚式だったので披露宴にでてくる料理のとっても おいしかったです。結婚した友人に聞くとみんなに楽 しんでもらいたかったので料理のおいしい結婚式にし たとのこと新郎新婦の真心がたっぷりつまった結婚式 でした。(原)

10/5でカウンセリングサービスがホームページを開設して丸1年が経ちました。最初は一日数件のアクセスが今では1000件に届こうか?という勢いで増えてきています。本当に皆さんのお陰です。ありがとうございます。また、皆様からの励ましのメッセージやご質問、ご感想も数多くお寄せいただくようになりました。メールを頂くたびに元気をもらったり、学ばせて頂いたり、勇気や歓びを感じられたり、嬉しい限りです。 これからも宜しくお願いします。(スタッフ一同)

10/3 昨晩、久しぶりに子ども(18歳)と大喧嘩をしました!内容は言った言わないのく だらないことなんですけど、久しぶりの大逆上!息子「自分がなんでも正しいと思 うな〜〜」 私「それはあんたでしょ〜〜!!」お腹のそこから叫びまくっていたので、なんだかスッキリ!カウンセラーとて、こんなもんです。(笑)遠慮なく喧嘩が出来る間柄って、いいもんですよ。(山本)

10/1 先日長年の友人カップルの結婚式に参列してきました。仲間ばかりがたくさん集まっての式・披露宴で、笑いが溢れる和気藹々とした時間を過ごすことができました。披露宴というのは案外そのカップルの雰囲気が反映されるもので、彼らの家庭もきっとこんなんだろうなあ、と感じます。そして、改めて自分達夫婦の関係も見つめ直してみたりして、昨日は久々に理加と色んな話をすることもできました。末長くお幸せに!!(裕幸)


戻る